トップイメージ

ネットバンクを使うメリットは!

ネットバンクを使用するメリットはたくさんあります。振込手数料やATMの利用料も割安ですし、ATMの利用料に関しては無料となっているネットバンクもあります(時間帯などにもよります)。口座開設もパソコンからできますし、口座維持費用も多くのネットバンクでは無料となっています。

しかしネットバンクの最大の武器はやはり高い金利にあります。金利に関してはごくおおざっぱに言って都市銀行や地方銀行などの2倍以上の設定となっているケースが多く、まとまった金額を預ける場合には利息に大きな差が出てきます。

ネットバンクの定期預金は中でも人気の商品です。通常ではあまり使うことのないお金をネットバンクの定期預金に預けておけば、都市銀行の定期預金などよりははるかに多くの利息を得ることができます。そのため普段使いでは窓口やATMの充実した都市銀行や地方銀行を使い、定期預金や積立預金などではネットバンクを使うといったような使い分けをする人たちが増えてきているのです。

ネットバンクといえどももちろんペイオフ(預金保護)の対象になっています。そのため万が一ネットバンクが倒産しても、元本1000万円までとその利息については保護されています。

ペイオフによって資産を複数の銀行に分割して預けているような人の場合であれば、そのほとんどをネットバンクの定期預金に預けておくことをおすすめします。

ネットバンクは最近ではひじょうに数も増え、選択肢も増えてきました。それにつれてネットバンクごとに金利やサービス内容も大きく変化してきています。インターネットなどの情報を参考に、賢くネットバンクの定期預金を利用しましょう。

セキュリティは大丈夫かな?

ネットバンクの定期預金は都市銀行の定期預金に預け入れる場合に比較すると圧倒的に金利が良いので、多くの人が利用していますが、ネットバンクはインターネット上ですべての取引が完結するため、注意を払うべき点もいくつかあります。

まずネットバンクを利用する際の基本として、IDやパスワードの管理にはくれぐれも注意しましょう。いくつものネットバンクを利用しているような人の場合にはIDやパスワードの管理が煩雑になるため、メモなどの一覧表に書き出して保存している人がいますが、これは絶対に避けなければなりません。たとえ家庭の中であっても、こうしたリストが空き巣や強盗の目

に触れるとひじょうに高額の損害を被る場合があります。定期預金などの場合は一般的に預け入れ金額が大きくなるのでなおさらです。

またパソコンの扱いが不慣れなために、重要な情報の管理などが十分に行われなかったり、ネットバンクのIDやパスワードなどが外部に流出してしまう危険性もあります。さらに最近ではコンピュータウィルスなどもひじょうに巧妙なものが出回っており、いったん感染してしまったら素人では対応の取りようがなくなってしまうことも考えられます。

定期預金などを組んでいるネットバンクのパスワードなどは、外部の人間が容易に連想できるような設定は避けなければなりません。生年月日や住居の番地などを元に設定したパスワードの設定などは、他人からでもやすやすと推測することができるため絶対に止めましょう。

派遣会社の給料振込み先はネットバンクを活用する

派遣会社登録時に給料の振込先となる銀行口座を担当者から聞かれると思いますが、相手から銀行を指定されない限りはネット専業のインターネットバンキングがおすすめです。楽天銀行やジャパンネット銀行などはお得な定期預金キャンペーンや宝くじとの連動など色々なサービスが豊富だからですね。

当サイトの免責事項

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生したとしても、当サイトと管理人は一切の責任を負えませんのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

サイトMENU

Copyright (C) 2016 金利の高いネットバンクで定期預金. All Rights Reserved.