TOPへ戻る  >  ネットバンクについて

ネットバンクについて

ネットバンクの定期預金が人気です。ネットバンクというのはインターネット上でのみ銀行業務を行う銀行のことです。ネットバンクは通常の都市銀行や地方銀行とは異なり、実店舗や窓口を設けていません。またネットバンク独自のATMというものも基本的には存在しません。

店舗を設けないネットバンクでは現金の引き出しや預け入れ以外の、すべての銀行取引をインターネット上で行います。業務内容から言えば、ネットバンクは都市銀行などが行う業務と何ら変わることはありません。普通預金や定期預金、積立預金、住宅ローンや教育ローン、自動車ローンまた外貨預金やFX、信託投資などに至るまでネットバンクでは多くの商品を取り扱っています。

ネットバンクを利用する最大のメリットの一つに、都市銀行などでは考えられないほどの金利の高さがあります。ネットバンクは都市銀行などのような実店舗を持たないため、土地代や施設の賃貸費用、人件費や光熱費、その他多くの運営費用が不要となります。このため運営上のコストはひじょうに少なくて済むことになり、その分を定期預金などの金利の優遇にあてて、顧客に還元することが可能となるのです。

ネットバンクでは独自のATMを持ちませんから、直接現金の出し入れを行う際には提携銀行や提携企業のATMを利用することになります。ATMの使用の際にもネットバンクの手数料は一般的に低く設定されています。

ネットバンクの定期預金などを利用するにあたっては、まず口座を開くことが必要となります。その後はインターンネットと接続されたパソコン環境さえあれば、24時間中利用することが可能になります。最近では携帯電話からの利用も可能になり、ネットバンクに対する需要は急速に伸びつつあります。

サイトMENU

Copyright (C) 2016 金利の高いネットバンクで定期預金. All Rights Reserved.