TOPへ戻る  >  ネットバンクの通帳

ネットバンクの通帳

一般にネットバンクと呼ばれているものの中には専業のネットバンクと、都市銀行などがサービスの一環として、あるいは子会社を設けてネットバンク部門として業務を行っている場合とがあります。しかし専業のネットバンクと、こうした都市銀行などのネットバンク部門とでは金利や手数料などの点で大きな違いがあります。都市銀行などのネットバンク部門はあくまでも顧客の使い勝手を良くすることが目的であるため、金利や手数料などに関しては通常の窓口を通した場合とあまり差が見られないこともあります。とは言え都市銀行のネットバンク部門でも多少は条件が良くなっています。

またほとんどのネットバンクでは原則的に通帳を発行することはありません。ネットバンクに口座を開設した後に手元に届けられるのは、キャッシュカードとさまざまな規約が掲載されたパンフレットだけです。高額の定期預金を預け入れている場合などは通帳が手元にないと安心できないという人もいるようですが、通帳を発行するにはかなりのコストが必要となります。ネットバンクでは通帳を発行しないかわりに定期預金などの金利を少しでも高く設定しているのです。

さらにネットバンクでは月々の利用明細書に関しても発行する場合と発行しない場合があります。利用明細書を発行するネットバンクでも、発行しないように設定を変更することで手数料などが割安となる場合があります。明細書が発行されないネットバンクではホームページにログインすることで、自分の定期預金の状況などを確認することができます。

サイトMENU

Copyright (C) 2016 金利の高いネットバンクで定期預金. All Rights Reserved.